蔵元のある串間市の象徴、都井岬に生息する野生馬を名の由来に持つ「の馬(のば)」ブランドは2002年3月に誕生しました。

01

新生「の馬」シリース誕生を予感させる限定品

平成29年度熊本国税局管内種類鑑評会で芋焼酎・麦焼酎の二部門で優等賞を受賞した寿海酒造の河野進一工場長が、数ある原種の中から、今最もおすすめできる原種を選び、『の馬』ブランドで商品化、限定販売になります!

赤芋、黒麹、甕貯蔵3年

生食用としても人気の地元串間で栽培される甘藷「宮崎紅」を中心に「高系14号」系統の甘藷を使用。
“酵素活性が高く、甘く仕上がる特徴を持つ”ビオック社(豊橋)製の黒麹菌を使用。胞子の数も多く老麹になりやすい(雑菌汚染を防ぐ)傾向もあります。
三方向が林に囲まれた蔵内で自噴する湧水(軟水)を使用し丹念に仕込み、甕で三年以上貯蔵しました。

赤芋の表皮色を”ビビットピンクラベル”にて表現

マイルドさを保ちながら、甕貯蔵による香味の増加/奥深い味わい(エステル類の増加)など存分に楽しめ、とてもゴージャスな芋の甘味を感じ取ることができる焼酎に仕上がっています。

産地:宮崎県串間 / 蔵元:寿海酒造