福島が開発したオリジナル酒米「夢の香」

02
「夢の香」は、従来の「五百万石」より優れた品種を開発するために、福島県農業試験場において、平成3年に八反錦1号を母に、出羽燦々を父として人口交配を実施し、その後有料個体や系統の選抜を行い、10年の歳月と莫大な費用を増やし、各種の特性を調査しながら育成されました。「夢の香」は五百万石同様の心白を有しかつ同等の大粒米であり、吸水性がよく醪で溶けやすい軟質米です。


福島が開発したオリジナル酵母「うつくしま夢酵母」

03
約千種の酵母から、醸造するまでに至ったのは10種程度。その中の一つが「F7-01酵母」でした。この酵母を使って造られた酒は、他のものと比べ、酸が少なく非常に好い香りをもっていました。福島県知事命名による「うつくしま夢酵母」の誕生です。「うつくしま夢酵母」は特有のフルーティーな香り、華やかで酸味の少ないソフトでマイルドな味わいを造り出します。


無濾過奥の松純米吟醸原酒生詰夢の香、夢酵母仕込み

01

奥の松純米吟醸無濾過原酒生詰夢の香、夢酵母仕込み

原料には福島県が開発したオリジナル酒米「夢の香」を60%まで磨き使用しています。また、酵母も福島県で開発された初めての酵母「うつくしま夢酵母」を使用。
香りは非常にフルーティな香りで、このうつくしま夢酵母の特徴でもあるバナナやメロンを思わせる香りがあります。
味わいはソフトで米の旨味、甘味が感じられます。原酒生詰ならではのフレッシュですっきりとしたキレがあり、すいすいと進んでしまうそんなお酒です。また、お食事の邪魔をしないので食事と一緒に楽しんでいただけます。
日本酒の初心者から日本酒通まで満足いただけるお酒ですので是非お楽しみください。